2011年01月27日

iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド(HYG)

 k_invest さんからコメント欄経由で iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド(HYG) という ETF について情報提供がありました。
2011.1.24 http://otsu.seesaa.net/article/182174715.html
 乙は、アメリカの債券に関して、2種類の投資をしています。
 一つは、エージェンシー債です。4年ほど前に、いろいろ検討して、エージェンシー債を購入しました。
2007.1.25 E*TRADE で購入するエージェンシー債を選ぶ
  http://otsu.seesaa.net/article/32064138.html
2007.1.22 E*TRADE で債券を買う場合のコスト
  http://otsu.seesaa.net/article/31873777.html
2007.1.21 HSBC 香港の米国債と E*TRADE の米国債
  http://otsu.seesaa.net/article/31798393.html
2007.1.12 米国債よりもエージェンシー債
  http://otsu.seesaa.net/article/31260499.html
2007.1.9 アメリカの債券を買うとき
  http://otsu.seesaa.net/article/31106871.html

 もう一つは、ETF です。AGG と TIP を購入しています。
2008.1.21 iShares Lehman Aggregate Fund (AGG)
  http://otsu.seesaa.net/article/79828154.html
2007.12.12 iShares Lehman TIPS Bond Fund (TIP)
  http://otsu.seesaa.net/article/72369888.html

 このように2種類を通じて債券投資をするという考え方についても、以前、ブログに書いたことがあります。
2008.11.17 債券の現物投資と ETF による債券投資
  http://otsu.seesaa.net/article/109780336.html

 いずれも、高利回りをねらっているわけではなく、比較的安全志向で投資先を決めています。
 さて、HYG ですが、日本語でもかなり細かい情報開示がされています。
http://jp.ishares.com/product_info/fund/overview/NYSEARCA/HYG.htm
 格付けとその構成比を見ると、Ba1/BB+ から C/C までの債券に投資しています。ハイイールド債というのは、まさにこういうことです。格付けが低い分、金利が高いわけです。国債は格付けが高いので、金利は低くなります。こういうハイイールド債は、個別に投資するのは危険な(倒産の可能性がある)ので(その会社がどれくらい危険かを個人投資家が調べることは極めてむずかしいと思います)、たくさんのハイイールド債に分散投資できる投資信託(ETF)経由が望ましいと思います。
 利回りについて、ファンド基準日(2011年01月24日)を見ると、配当利回りが 7.65%、平均最終利回りが 6.86%になっています。配当利回りよりも平均最終利回りが低いのは、保有している債券のうちのいくつかが償還されなかった(デフォルトになってしまった)ということでしょう。
 加重平均クーポン 8.38% というのは、現在保有している債券の表面利回りを平均したもので、いわば、今後の利回り予測という感じです。上記の配当利回りは過去に実現した配当利回りということです。
 そう考えると、k_invest さんがいうように、利回り 8.2% というのは過大な見積もりで、実質的にはそれより 1% くらい低くなるのではないでしょうか。
 そして、一番考えなければならないのは、ハイイールド債の投資信託(ETF)は、景気にかなり敏感で、不景気が続いて企業がバタバタと倒産するようだと、価値が大きく下がってしまうことがあるということです。
 今後10年(20年?)くらいのアメリカの景気をどう読むかということになりますが、景気が上向いて経済が順調に回っていくと予想するなら、HYG に投資してもいいでしょう。一方、これから景気が上向くことはなく、失業率が上がり、アメリカ経済がダメになっていくと予想するなら、HYG に投資してはいけないということになります。
 乙は、アメリカの今後について、(特に根拠があるわけではありませんが)やや悲観的に感じていますので、ハイイールド債に投資するのは危険かなと思っています。
 債券投資は、やはり、手堅く行きたいところです。


posted by 乙 at 03:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ETF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は一昨年の秋から、去年の秋まで、
ジャンク債投信を保有していました。
株とジャンク債は似たような値動きをするので、
アメリカが景気回復するのであれば、
株もジャンク債も値上がりするだろう、
そして債券ならその間の金利収入も得られて更にお得では?
という思惑でした。
その後、値上がりという予想は当たりましたが、
為替の円高で殆どの利益が吹き飛ばされてしまいました(^^)

その際にHYGも散々検討したのですが、
HYG自体と為替の手数料、税制、
購入しやすさなどを勘案し、
結局投信にしたんですが、
どっちが良かったのかは、よく分かりません。

Posted by mushoku2006 at 2011年01月28日 09:04
mushoku2006 様
 円高はすべてを吹き飛ばしましたね。
 乙自身は、アメリカの ETF が購入しやすい状況なのですが、それでも、実際の購入には躊躇してしまいます。
Posted by at 2011年01月28日 09:52
こんばんは^^
早速記事にしていただきありがとうございます!

私も検討しておりましたが
現状、優良債権とハイイールド債との利回りの差が縮まってきており、リスクに見合う利益が得られない可能性が高いということで見送りました

サブプライムショック直後には
利回り14%という状況もあったようですが、その時にはジャンク債の発行企業自体が生きるか死ぬかでしたでしょうし、その時には私自身は買えていたかどうかは分かりません(結果論ですが、その時に買った方は現在、含み益と高配当を享受していますが 笑)

次は中国のバブル崩壊ショックが来るのではないかと今か今かと待っていますが、その際に「えいや!」と買いにまわれる資金を温存しておこうと思います(先にエジプトショックかもしれませんが)

Posted by k_invest at 2011年01月29日 19:35
k_invest 様
 利回り14%と聞くと、「すごい!」と思ってしまいますよね。
 しかし、ハイリスクだからハイリターンなのだと考えると、こういうハイリターンがあるということは、あるとき突然基準価額が半分になってしまうこともあるということでしょう。いい成績のところだけを見て「すごい!」と考えることは、とても危険なことだと思います。
Posted by at 2011年01月30日 04:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。