2011年03月06日

SPDR S&P500 の東証上場

 以下のようなブログでニュースが流れました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1673.html
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2011/03/101-9b68.html
http://toyop129.blog48.fc2.com/blog-entry-1169.html
SPDR S&P500 という ETF が東証に上場するという話です。
 乙は、重要なニュースだと思いました。
 もともと、乙は、アメリカ市場に上場している ETF を日本で再上場するのは無理なのではないかと思っていたくらいでした。
2010.3.4 http://otsu.seesaa.net/article/142710065.html
 乙の予想は見事に外れました。
 あとは、日本での取引額が順調に伸びていくかどうかが心配なだけです。そうなればプレミアムが付く乖離率なども自ずと解決するでしょう。
 日本の証券会社でアメリカ市場に上場する ETF を購入すると、手数料がけっこうかかるので、乙は避けていました。そのために、わざわざアメリカの証券会社に口座を開いたわけです。
 しかし、こういう環境が実現すると、アメリカの証券会社に口座を開いて売買する意味がなくなってしまいます。それはそれでいい話だと思います。
 もっとも、だからといって、アメリカの口座を解約して日本に移すべきかというと、それはまだまだです。
 今は、その方向を向き始めた段階といえるでしょう。

参考記事:
2010.10.6 日本でさまざまな ETF に投資可能に
    http://otsu.seesaa.net/article/164824620.html


ラベル:SPDR S&P500 上場
posted by 乙 at 03:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ETF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下記に、『東証上場の1557 SPDR S&P500』を買ってもその分配金に対するアメリカの源泉税が30%もかかる、というコメントが出ています。
http://toyop.net/blog-entry-1461.html
このコメントは「ヤフー掲示板からの引用」と書かれていますが、そのリンク先であるヤフー掲示板には「コメントは投稿されていません」とあり、どうやら掲示板がリニューアルされた際に旧コメントは現掲示板に引き継がれなかったようです。

アメリカで30%も現地源泉税(外国税)を取られ、その米国政府への還付請求等に相当手間がかかる(あるいは、請求できない)ようじゃ、上記コメントにある通り「現地で直接買った方がマシかもしれません。」
Posted by 麻垣康三 at 2013年09月03日 11:12
麻垣康三様
 分配金に対して30%もの税金がかかるとは知りませんでした。
 まあ、アメリカの課税当局にしてみれば、当然のごとくそのようにしているのでしょうけれど、……。
 ということは、せっかく ETF が値上がりした場合でも、同じ問題があるということなのでしょうかね。
 大問題ですね。
Posted by at 2013年09月04日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。