2006年06月17日

外国為替証拠金取引(FX)---豊商事のe-kawase

 乙は、外国為替証拠金取引、いわゆるFXもやっています。
 為替は、結局、お互いの通貨の両替をするだけですから、本質的には何も利益を生み出しません。したがって、基本的に利益が出る仕組みがある株や債券とは違います。
 円高の時にドルを買って、円安の時に売るということをすれば儲けが出ますが、円高になるか、円安になるかはギャンブルと同じで予測はできません。したがって、乙は、これに本格的にはまりこむのは危険だと思います。
 そうはいいつつも、乙は、豊商事の e-kawase というFXをやっています。
 では、なぜやっているか。その理由を書いておきましょう。

(1) ある程度、円安の見通しが立つときがある
 今後円安になるだろうと、ある程度予測ができるときがあります。そのとき、ドルを買います。
 それはどんなときか。一番の典型は、円高が進んだときです。普段のレート(そんなものがあるかどうか疑問ですが)から2円くらい円高に振れると、「極端な円高」だと思いますが、そういうときは、その後円安になることが多いように思います。ですからドルを買います。
 e-kawase では、5万円の証拠金で1万ドルが買えます。ですから、その後2円の円安になると、2万円の儲けになります。(売買手数料が往復で 2000 円ほどかかりますが。)
 いつもねらえるわけではありませんが、GTC (Good Till Cancel=キャンセルまでずっと有効) という注文ができますので、今の為替レートから2円ほど円高のレートでドル買いを注文しておき、ずっと待っています。

(2) スワップポイントをねらう
 米ドルを持っていると、スワップポイントというのが1日あたり150円ほど付きます。この金額は日米の金利差を反映して細かく変わりますが、ここのところ、日本の低金利が継続していますので、だいたいこんなものです。
 そこで、5万円の証拠金で1万ドルを買って、ずっと持っていると、それだけで、大きな金利が付くのと同じことになります。1日150円ということは、1年365日で54,750円ですから、5万円が1年で2倍にも増えることになります。為替相場が円高傾向でなければ、このスワップポイントをねらって長期にドルを持っていてもいいのではないかと思います。
 ただし、円高が進むと大きな損失が出ます(5円の円高で5万円が吹っ飛びます)から、注意が必要です。為替では1年で10円くらいの上下は普通にあることですから、普段からレートをチェックする習慣を持たないと痛い目に遭うかもしれません。

(3) 円と外貨の両替手段として利用する
 e-kawase では、「現受け」といって、米ドルを、それに相当する日本円で直接買うことができます。120 万円ほどを口座に入れて、現受けの注文を出します。通常は1日で1万ドルが口座に入金されます。
 e-kawase では、こうして入った米ドルを海外の自分名義の口座に出金することができます。この段階で 3500 円の手数料がかかります。乙は、HSBC 香港まで送金しています。この方法によれば、日本円から1万米ドルを海外送金して 4500 円の手数料ということになりますから、かなりおトクです。
 日本の銀行経由で1万ドルを海外に送金すると、両替手数料で1万円、送金手数料で 5000 円ほどかかりますから、相当な手数料が取られてしまいます。
 e-kawase では、海外のドルから日本の円への送金・両替もできます。海外のドル資金を日本の e-kawase のドル口座に入金し、「ドル売り(円買い)」の注文を出し、「現渡し」をすれば、日本円になりますので、それを日本の銀行口座に出金します。e-kawase の口座から国内の銀行に円を出金する場合は手数料がかかりません。たぶん、海外のドルを日本の円に送金・両替する一番安い方法だと思います。
 注意事項としては、この方法では1万ドル単位でしか両替できないということです。それ以下の端数については、e-kawase では「コマーシャルディール」というやり方で両替ができますが、手数料は1万ドル単位に比べると高くなります。それでも、1ドルあたり30-50銭程度で、銀行の両替手数料(1円)よりはずっと安いわけですが。

 以上のようなことで、e-kawase は必要な範囲で利用するのがいいと思います。
2008.6.4 追記
 この話に関連することを
http://otsu.seesaa.net/article/99251970.html
に書きました。よろしければご参照ください。
posted by 乙 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。