2011年04月03日

被災地応援ファンド「復興義援金」

 世の中には、いろいろなファンドがあるものだと思いますが、今回の震災からの復興を目的としたファンドがあります。
http://www.musicsecurities.com/fukkofund/
http://www.musicsecurities.com/_common/pdf/fukkofund.pdf
 被災地には、義援金などの寄付もいいですが、こういうファンドへの出資もありかと思います。
 しかし、乙が上記の書類を読む限りでは、どうにも出資しようという気になりません。
 第1に、資金の貸し付け方法など、詳細がわからないと思います。どんな会社にいくらくらいを貸し付けるのか、その運営方針です。
 第2に、出資者から、手数料 5.5% を取るという話ですが、これが高いように思います。出資者へのリターンが不確実なことに加えて、間に立つ会社が手数料を抜くので、出資した金額が本当に被災者に回るのかどうか、心配です。
 第3に、出資した後、どのように資金が回収できるのか、わからない点があります。たとえば、何年くらいを見込むのでしょうか。
 匿名組合として出資するようですが、被災地の会社であっても、会社は会社ですからつぶれることもあるでしょう。うまく事業が軌道に乗る場合もあるでしょう。どういう場合に、どういうふうに資金を回収し、出資者に分配するのか、よくわかりません。
 第4に、名称に違和感があります。「復興義援金」は一般名称であり、個別のファンドの名前としては好ましくないと思います。

 今回の話は匿名組合ですから、詳細を書かなくてもいいのでしょうが、これでは何とも判断できません。
 やっぱり、普通の寄付金の方がよさそうに思えてきました。
 乙としては、今回の話はパスします。
 震災からの復興は重要な話ですし、それをどのように行うかも重要です。民間の力を結集することにも意義を認めます。しかし、今回のようなことでは、出資をためらう人がたくさん出てくるように思います。今後の類似のケースでも活躍できるように、広い視野で投資計画を決め、その一種として今回の東日本大震災にあてはめるというようなことにしないと、せっかくの善意を無にしてしまうような気がしています。
 中途半端な計画を提示して、結局十分な資金が集まらなければ、投資効果も上がりません。


posted by 乙 at 03:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 国内投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙様
おはようございます。
私は復興くじを作って、約50%のテラ銭を復興費用として募金する案を提示したいです。
日本人は期待値が低いのに、宝くじが好きですから(笑)楽しみながら義援金を集めることが出来るのではないでしょくか?
ただ、当たってもその分を募金しろと周りが言わない雰囲気作りはすべきと思います。
Posted by yumenotabiji at 2011年04月03日 10:06
yumenotabiji 様
 なるほど、復興くじはいいアイディアですね。
 もっとも、今発行されているさまざまな宝くじに割り込んで販売できるのか、心配ではありますが。
Posted by at 2011年04月03日 10:59
こんにちは、はじめてコメント差し上げます。
災害地応援ファンドが有るなんてしりませんでした。

今は募金をしています。

後一生懸命働いています。
一生懸命働く事が日本経済の活性化になり
被災地の復興に繋がると思っているからです。

こちらのブログ勉強になりますね
Posted by 岩崎 ひろみ at 2011年04月03日 12:46
私見ですが、自分のための投資と、世の中のための寄付は、それぞれ別個に行うこととした方がいいと、考えています。

投資は投資として徹底的にコストにこだわってきっちりとした投資先を選ぶ。
寄付は寄付として、信頼のおける団体を選んで寄付をする(場合によっては、税の寄付控除を得るために資料を残しておく)。
Posted by 世界のREIT at 2011年04月03日 22:41
世界のREIT様
 寄付と投資は別個に考えるということは賛成です。
 それぞれ別の性格を持った話ですので。
 ただし、両者を兼ねる性質のものがあったとすれば、考えてもいいかなというくらいのスタンスです。
 寄付としても投資としても優れているというような話はなかなかないとは思いますが。
Posted by at 2011年04月04日 04:46
こんばんは。
はじめまして。

野村からこういうファンドも出るようですね。
名のある証券会社の商品ですし、実質的には債権系の投資信託のようなものですから、そんなに大きなリスクもなさそうです。
東電にお金が回るのが嫌なので様子見してからいくらか買おうと思います。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110327/fnc11032709590001-n1.htm
Posted by せんきち at 2011年04月04日 21:38
せんきち様
 こちらのほうがずっとまともなように見えます。まあ詳細を調べてみないと何ともいえませんが、……。
 リスクの大きさも、組み込む社債の銘柄によって変わってくるでしょう。(地方債部分はあまりリスクがないとしても……。)
 被災地の企業も、今後は楽ではありません。さまざまな困難があるだろうと思います。その意味で、普通の社債よりも信用リスク(倒産の可能性)が高いように思います。
 まあ、こういうものの購入者は「応援しよう」という気持ちで出資すると思いますので、社債の発行元が倒産しても気にならないかもしれませんが、しかし、投資としては「そりゃまずい」ということになると思います。
Posted by at 2011年04月05日 04:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。