2006年06月20日

田中徹郎(2005.8)『50歳からの30年!! ゆうゆう生きるお金学』こう書房

 乙が読んだ本です。
 題名から自分にぴったりの本だと思って買いました。
 ファイナンシャルプランナーが、タイトル通り、50歳からの30年をどう生きるかをお金の面から書いた本です。
 第1章は、「30年たてばこれだけ世の中変わる」で、30年前の状況を述べ、今といろいろ違っていたことを説明しています。したがって、今から30年後も、今は何ともいえず、状況はまったくわからないというわけです。このあとの記述の序論のような章です。これで20ページもかかるのはかなり冗長な感じです。
 第2章は、「長生き対策としての資産運用、資産防衛の必要性」で、ひとことでいうと、自分自身の(50歳から30〜40年間の)ライフプランを作成しようということです。収入(平均的な年金収入)と支出(高齢者の普通の支出金額)の予定を明示し、今いくら必要なのか、今後、年何%くらいで運用していけば死ぬまで大丈夫(資産残高が赤字にならない)かを計算しています。そして、数千万円の退職金を得る普通のサラリーマンにとっては、今後2%/年程度のインフレ率を考慮すると、7%/年程度の資産運用が必要だということになります。この章までで1冊の本の半分を占めます。乙の感じでは、この章も、かなり冗長なように思えます。もっと端的に書けるのではないでしょうか。まあ、具体的な(資産の増減の)シミュレーションの結果を示しながら書くスタイルになっていますから、わかりやすいといえばわかりやすいのですが。
 第3章は、「さあ、資産運用を始めましょう」ということで、個人投資家にとっては、ここから読み始めてもいいのではないかと思います。(読む量が半分で済みます!)ここで書かれているのは、アセットアロケーションの話です。p.106 では、ローリスク資産は年率2.5%程度、ミドルリスク資産は年率4.5%程度、ハイリスク資産は年率8%程度のリターンを考えるとよいと書いてあります。で、これを組み合わせてたとえば年率5%の収益率になるようにアセットアロケーションを決めることになるのですが、ここ、なぜ5%なのか、よくわかりません。30年間の生活を考えて、資産がいくらあって、年率何%で運用すれば充分かを考えれば、個人ごとの適切な収益率が求められると思いますが、単純に個人投資家のことを考えると、収益率は5%よりは7%のほうがいいと思います。(それではリスクが大きくなりすぎていけないのですが、そういう話が出てきません。)また、p.114 では、日本株を30年保有すれば年率3%程度の収益になり、このように保有期間が長ければ長いほど、ある収益率に収斂するということがわかるようになっています。それはそうなのですが、では、p.106 でハイリスク資産(株など)のリターンを8%と考えていることと矛盾しないのでしょうか。
 p.122 から、日本株、外国株、国内債券、外国債券の伝統的な4分類はもう古いということで、商品ファンド、不動産投資信託(REIT)、ヘッジファンドなどのその他資産を(これまた日本国内と外国に二分して)組み込んで、6分類で考えるべきだという話になります。pp.128-129 では、通貨の種類、リスクの高低と組み合わせてこの6分類を位置づけ、マトリックス・アロケーションというのが提示されますが、乙としては、あくまで例示として見たほうがいいように思います。変額年金保険などがあちこちに現れますが、乙は、こういうのはまったく考慮に値しないと思うからです。
 第4章は、具体的な金融商品の選び方を示しています。pp.139-141 で、株式投信は手数料が高くて、買う側には意味がないということが書いてあります。pp.142-144 では、変額年金保険を取り上げて、原商品を組み合わせたものだから、余計なコストがかかるということが書いてあります。だとしたら、p.128 で変額年金保険を組み込んだ案を提示していていいのでしょうか。
 第5章では、「この商品は検討に値する!」と題して、商品ファンド、ヘッジファンド、SMA(ラップ口座のこと)を紹介しています。類書にはあまり紹介されないので、この本の独自性があるところだと思われます。最初の商品ファンドですが、pp.158-161 にはオプション・マスターが取り上げられています。乙は、これを購入し、最近、解約しました。
http://otsu.seesaa.net/article/13068411.html
http://otsu.seesaa.net/article/17568213.html
オプション・マスターは、毎年 5.25% という手数料が高すぎて、投資家サイドから考えると、割に合わないように思います。ヘッジファンドについても、pp.170-188 に書かれているように、田中氏は積極派です。乙は、よくわからないというのが本音です。(そうはいいつつ、一部の資金を運用していますが。)SMA(ラップ口座)については、乙はそんなに資産があるわけではないので、はじめから考慮の対象外です。というわけで、第5章も、乙にはあまり有意義な感じがしませんでした。
 この本をひとことでいうと、個人がこの本を参考にして資産運用をすることはどだい無理であり、適当なファイナンシャル・プランナーに(できれば、著者の田中氏、つまり銀座なみきFP事務所に)相談しつつ資産運用方針を決めてほしいというスタンスで書かれているように思います。
 まあそれはそれで理解できますが、乙は、やはり、資産運用は個人の判断で行うべきだと思います。乙は、FPに相談したくありません。だって、FPといっても考え方がさまざまで、いろいろな本を読んでみるとおすすめのアセットアロケーションにしたってばらばらなんですから、自分が相談したFPが自分に最適な設計をしてくれるなんて期待できないと思います。
 この本は、あくまで一人のFPがこういう意見を語っていたというスタンスで読むのがいいのではないでしょうか。

【関連する記事】
posted by 乙 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(3) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

13-01 財務取引と費用収益 その1 【でたらめ簿記2級独学勉強法】
Excerpt: 【財務取引と費用収益】 その1
Weblog: 簿記2級独学勉強法−簿記2級の勉強?問題集?検定?−でたらめ簿記2級勉強法
Tracked: 2006-06-29 10:29

ラップ口座
Excerpt: 一般的には証券会社が顧客の資産運用や管理サービスをまとめて行う 「資産管理口座」のことを言う。 取引ごとに手数料が発生するのではなく、運用資産の残高に応じて 一定の費用がかかる。 運用..
Weblog: 経済最も前
Tracked: 2006-07-05 22:04

ラップ口座のメリットとデメリット
Excerpt: 日本の個人投資家の間でも証券会社が提供しているラップ口座を利用する人が増えています。ラップ口座とは、投資家の資産の運用・管理や助言、売買の執行など、一連のサービスを提供する口座のことを指します。ラップ..
Weblog: ゼロから始めるマネー運用講座
Tracked: 2006-07-31 20:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。