2006年07月03日

MLIIF Emerging Europe Fund (Class A2 - USD)

 乙は、HSBC 香港で MLIIF Emerging Europe Fund (Class A2 - USD) にも投資しています。MLIIF というのは、メリル・リンチのファンドということです。
 http://www.hsbc.com.hk/data/hk/personal/invest/unit/pdf/ut_fs_61077_en.pdf にもあるように、このファンドは、実はロシア株が中心です。名前だけではわかりにくいですね。投資先の国は、ロシア51%、トルコ14%、ハンガリー9%、ポーランド8% などです。
 手数料は、申込手数料 5%、信託報酬 1.5% で、HSBC 香港としては、まあこんなものでしょう。このファンドは2006年4月段階で 4,306 ミリオンユーロ(約 6200 億円)を運用しており、安定した成績を残しています。
 乙は、2005年8月に購入しましたが、基準価額は1年弱で 24% 上昇しており、乙としては満足しています。もっとも、5月〜6月の大幅下落の前には5割増を記録していましたから、それに比べると下がっています。
 ロシア株も、確かに BRICs の一部として数えられるだけの価値があるようです。
posted by 乙 at 04:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外ファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
HSBCでたまたま見つけたFUNDの中の一つがMLIIF Emerging Europe Fundでした。
詳しい解説をありがとうございます。
私にとっては始めてのFUNDなので少し心配しています。
素晴らしいブログで大変勉強になります。
ありがとうございます。

次の香港でBMIでマンインベストメント社のファンドを購入したいと考えていますが、手続きのアドバイスなどありましたら教えて頂ければと思います。

これからも読ませていただきます。
ありがとうございます!

粕谷正幸
makasuya@cba.att.ne.jp
Posted by 粕谷 正幸 at 2007年05月26日 11:22
粕谷正幸様
 MLIIF がいいファンドかどうか、何ともいえません。
 Man Investment にしても、ほんとにいいのかどうか、何ともいえません。
 それに飛び込むのも、飛び込まないのも、個人の判断です。
Posted by at 2007年05月27日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。