2006年07月20日

中古ワンルームマンションが売れる可能性あり?

 http://www.grosscreate.com/download/20060718.pdf によれば、最近、東京・山手線の内側の中古ワンルームマンションが売れているとのことです。
 これを読んで乙は驚きました。
 乙は、自分自身でワンルームマンションを買って、賃貸していますが、まさかこういうのを買おうとする人がいるとは思えなかったのです。乙は、投資先として考えた場合に、基本的にワンルームマンションは失敗だったと思っています。このことは以下に書きました。
http://otsu.seesaa.net/article/14879201.html
 上の記事によれば、購入希望者は女性で、自分が住むための物件を探しているのだそうです。ほほう、そんなに購入希望者が増えているんですか。なるほど、ワンルームマンションは、単身者なら充分住めるようにできていますからね。
 購入希望者が多いのは、1800万円前後で、山手線の内側で地下鉄の駅から5分以内の物件ということですから、乙の所有する物件なら、当てはまります。ただし、今は「ブランド・ワンルームマンション」に人気があるとのことで、乙の所有する物件はこの点は当てはまりません。
 乙は、ワンルームマンションに関しては、ずっと賃貸を続けようと思っていましたが、そんなに値下がりしていない価格が提示されれば、売ってしまいたい気分です。その売却分を別の投資に回して20年運用するほうが、最終的に資産が増えていると予想します。
 ただし、自分が住むという人の希望にかなうためには、賃借人がいる状態ではまずいですね。今の賃借人が出ていった時点で可能になるわけですから、数年先を期待しましょう。
 ともあれ、この話を聞いて、空室リスクがなくなったような気分です。空室になると、家賃が入ってこなくなり、投資としての利回りが低下しますから、賃貸マンションではすぐに次の賃借人を見つける必要があります。しかし、空室のままであれば、むしろ自分が住もうとする人に「売却」できる可能性があるというわけです。有力な選択肢の一つだと思います。
 どこかから「ワンルームマンション売却しませんか」というDMが来ることを期待しつつ待っていましょう。DMを捨てずにとっておいて、賃借人が出た時点でDMの業者に連絡するのがよさそうです。
posted by 乙 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。