2011年08月22日

海外旅行の保険

 乙は、海外旅行に行くときに、海外旅行用の保険に入りません。
 その理由について、あまり明確に考えたことはなかったのですが、ある人から次のような保険の話があることを教えてもらい、「まさにそうだ!」と感じました。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9F819499E2E3E2E29E8DE2E3E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2?n_cid=DSGGL001
 ちょっとこれに関係して、保険の考え方を書いておきましょう。
 「万が一、旅先で盲腸で入院すると、手術代などが200万円もかかることがあります。ぜひ、保険に入りましょう!」などとパンフレットで誘われましたが、考えてみれば、いざそんなことになったら、200万円をその場で払うことができそうです。
 盲腸にかかる確率はゼロではないけれど、きわめて低いはずです。(盲腸だけではないですが)その確率と、そのときの医療費をかけ算して、それに保険会社の手数料を上乗せして、保険料が計算されます。
 保険会社の手数料は非公表ですが、たぶん、ざっと原価と同じくらいかと思います。つまり、たとえば医療費(200万円)×生起確率(0.5%)として1万円とすれば、保険料2万円というくらいではないかと想像します。もしかすると、保険料が3万円くらいに設定されているかもしれません。
 200人に一人に病気や事故が発生するとすれば、実際の病気やケガの事例はたくさんあり、その中で比較的費用が高額だったものを列挙すれば、「ほら、現実にこんな例がありました」はいくらでも書けることになります。しかもウソはまったくないわけです。
http://www.aiu.co.jp/travel/zikorei/accident/j01.html
 しかし、こんなことに遭遇する確率はきわめて低いのです。(そういうことを保険会社はいわないのですね。)
 保険に入らなければ、医療費(200万円)×生起確率(0.5%)をリスクとして自分で負担することになるのですが、そのほうが絶対に安くなります。
 上の仮定が正しいとして、100回海外旅行に行くと、保険料は200万円になります。
 0.5% の生起確率ならば、100回の旅行で1回でもそれが起こる確率は、
1-(99.5%**100)=0.39423
ということで、約40%です。2回以上起こる場合もありますが……(笑)。

 AIU の海外旅行保険は、2人セットの観光用で8日間は 15,000 円くらいですが、
http://www.aiu.co.jp/travel/price/plan/kankou-family2.html
これが高いか安いか、一般にはわかりません。確率が公表されていないからです。
 上の事情のようなことを考えると、高いに決まっているはずなのです。そうでなければ、保険会社はやっていけないことになります。
2011.8.25 追記
 乙は楽天カードでツアー代金を払いましたが、そうすると、自動的に海外旅行保険に入ったことになるのですね。
http://www.rakuten-card.co.jp/service/insurance/
 これは知りませんでした。
 いよいよ保険に入る意味はなくなってしまいました。


ラベル:海外旅行 保険
posted by 乙 at 05:20| Comment(12) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も保険は嫌いでほとんど入っていないのですが、海外旅行の保険には必ず入るようにしています。というのは、@渡航先国によっては現金で支払えることを証明するか保険に入っていないと高額な医療を受けられない、A万一の場合には、保険会社が適切な現地の医療機関を仲介・紹介してくれる(ことになっている)からです。特に語学力があまり高くない人が、在外公館がないような国に個人旅行で行くような場合には必要性は高いのではないでしょうか。
Posted by とおりすがり at 2011年08月22日 06:26
とおりすがり様
 乙が海外に行くときは、もっぱら添乗員付きのパックツアーが多いので、それを念頭においての発言でした。
 もう少し長期の場合(特に単独での渡航の場合)は、保険にはいることもありましたし、これからもそうすると思います。
Posted by at 2011年08月22日 07:32
海外旅行保険のリスク保有プランですね。
話がすこしずれますが、
私は貯蓄数千万保有しており、
持ち家の火災保険に加入しておりません。
全損になる頻度と万が一の支払い能力を考えて決めました。

乙さんもやはり火災保険には加入されていませんよね。
Posted by だんかい at 2011年08月22日 14:08
だんかい様
 火災保険は入る必要がありません。
 しかし、実際は入っています。
 このあたりの事情は
2010.5.2 http://otsu.seesaa.net/article/148467231.html
をお読みください。

Posted by at 2011年08月22日 15:39
やなり保険は、万が一を買うという気持ちで入っていた方がいいのでは
Posted by hiro at 2011年08月23日 09:13
カードについている保険は内容がとても貧弱ですよ。

保険は事故ありき、で考えますから、絶対に入ったほうがいいですよ。

海外で病気になった大変さがわかれば必要性はわかると思います。
Posted by 自動車保険比較の極意!!! at 2011年08月26日 14:42
バラ掛けで入ったらいかがでしょうか?
私の場合、基本的にはカードの付帯保険がありますので、足りないなと思う部分をバラ掛けにしています。
但し短期の場合は、カードの保険だけにしています。
@足りない部分を補う
A語学力に不安を感じる(例えある程度話せても、医療系の言葉は案外知らない)
B自分が具合が悪い時に対応が出来る状況かどうかが不安(保険会社が間に入るとスムーズに行きます)
C相方や友人・添乗員さんにかかる負担を少しでも少なくしたい
D基本プランに比べてかなり安い
E現実に数回お世話になっています。(但し10万以下程度の治療費ですが)
以上を勘案しての事です。
一度バラ掛けで調べてみたらいかがでしょうか?
Posted by ずん at 2011年08月29日 09:54
ずん様
 「バラ掛け」というのは知りませんでした。
 ネットで調べてみると、
http://www.xn--ruqpu24rrwci0sxhl4x9b2yxa.net/freeplan-kaigaihoken.htm
のようなものが見つかりました。
 なるほど、これならいいかもしれません。
 パッケージになっている保険は、何でもカバーしようとしており、その意味では安心でしょうが、掛金がその分高くなっているように思います。
Posted by at 2011年08月29日 16:17
恥ずかしながら、ロスのホテルで風呂を入れながら寝入ってしまい、
昔の日本人観光客の笑い話のように下のフロアまで
水浸しにしてしまいました。

修理費は二千ドルを超え、つくづく旅行保険に
入っておいて良かったと思いました。
またビデオカメラをケースごと車に轢かれた事もあります。
これまた助かった思い出です。
もちろん、こんな間抜けな事をしない人なら
入る必要はありませんね。(笑)
Posted by サイリーナス at 2011年10月05日 23:28
サイリーナス様
 乙は水をあふれさせる事故は未経験です。
 こういうことをしそうな人は、旅行保険に入ることもさることながら、むしろ、国内のちょっとした出張などでも、同様の危険性がありますし、マンションに住んでいれば、下の階に大きな被害をもたらす可能性があるので、日常、損害保険に入っておかなければならないでしょう。
 普段の生活での失敗のほうが、ずっと起きる可能性が高いものです。
Posted by at 2011年10月06日 04:48
乙川様

私は海外は仕事で行くことが多かったので、
保険は会社の金でかけていたので、不感症に
なっていたのかもしれません。

しかし風呂はバスルームの排水の構造上の問題ですし、
(日本なら排水口で排水されます)
カメラは車のドライバーが全く前を見ずに発進した為、という
日本だとあまり考えられないような状況でした。

こと海外に関しては、多少は払っておいても
良いかと思っています。
あまりにも予想できないシュチュエーションが
多いですから。

あ、ちなみに半年の滞在中にアメリカで
親知らずを抜いた事もありました。
あれも保険が無ければキツかったなぁ…。

私のが特殊なんでしょうか?
Posted by サイリーナス at 2011年10月06日 09:29
サイリーナス様
 半年くらい行くとなると、無保険はちょっとどうでしょうか。特にアメリカでは、医療費が高いから、入っておいたほうがいいかと思います。
Posted by at 2011年10月06日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック