2011年10月15日

マネー・ヘッタ・チャン(2011.4)『マッチポンプ売りの少女』あさ出版

 乙が読んだ本です。「童話が教える本当に怖いお金のこと」という副題が付いています。
 同じ著者の『ヘッテルとフエーテル』
2010.4.19 http://otsu.seesaa.net/article/146977431.html
を読んだことがあったので、ちょっと気になって読んでみました。
 童話仕立てで10個の話が出てきます。

 その1 検索エンジンの表示が社会に大きな影響を与えている話
 その2 文芸賞がどのように選ばれ、運用されているかという話
 その3 流行は、誰かが意識的に作っている場合があるという話
 その4 世界の貧困層への寄付の一部が別の用途に使われている話
 その5 マンションを買って損をする話
 その6 不動産の談合の話
 その7 保険(会社)の話
 その8 天下りの話
 その9 試験でゼーリシになった人がいじめられる話
 番外  国家破産の話

 童話仕立てとはいえ、子供が読んでも理解できないでしょう。いろいろな企業や政治家の名前が、正式なものでなくかなり形を変えて登場します。それが何を指しているかがわからないと、おもしろくも何ともありません。それがわかるということは、日本社会に関するある程度の知識がある人ということになります。
 それぞれの話は、業界の裏話的要素があり、おもしろく読めます。しかし、フィクションになっているので、迫力はありません。著者のせっかくの知識が活かされていないように思います。
 内容は、もっともだと思うところが多かったのですが、乙が、ちょっと違う考え方をしているのはその4の寄付の話です。
 某寄付集め団体の例が出てきますが、183.5 億円を集め、157 億円が海外にある本部に送金され、26.6 億円が活動費になっているということです。著者は、この活動費でりっぱなビルなどを持っていることを書いていますが、集めた資金の 15% ほどの経費率と考えれば、そんなものではないでしょうか。乙は、寄付をした全額が寄付先に行くとは考えていません。経費率が 50% くらいのこともあるのではないかと思っています。
 経費率を下げることは重要です。しかし、普通の個人が年収の1%程度を寄付するとして、経費をかけずにどこかに寄付をするというのはなかなかむずかしいことです。1億円を寄付する場合は、手段もあるでしょうが、1万円では、実質的に寄付集め団体を経由するしか手段はないのではないでしょうか。そこで一部を抜かれてもしかたがないと思います。
 もう一つ、番外編(special volume)も、「おや?」と思ったところです。預金封鎖と新円切替が起こるという話です。実際に 1946 年に日本であった話ですが、今後、こんなことが日本で起こるのでしょうか。政府が何をするのかはすべて国会で決められるようになっています。国会の議決なしに政府が個人のお金を巻き上げるようなことができるのでしょうか。国会で議論したら、議論の中身が公開されますから、預金封鎖も新円切替も意味をなさなくなります。まさか、1日で提案から可決まで行って、即日実施などということになるのでしょうか。そんなことをしたら、今まで政府が国民に説明してきたことは何だったのかということになります。こんな案に賛成した国会議員は次の選挙で全員が確実に落選します。そんな危険をおかして、国会議員がこんな決定をするものでしょうか。乙はありえないように思うのですが、……。




【関連する記事】
posted by 乙 at 03:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
預金封鎖も新円切替に関して、私も乙川さんに同意です。
そういった話が国会で出た時点で、預金を引き出して色々と方法があるので無理だと思います。怖いのは国債デフォルトで円暴落ですがそれも1日で急になるものでもないですし。
Posted by k_invest at 2011年10月15日 05:21
国債デフォルトで円暴落の方は一日で急になる可能性ありと思い込んでました・・
まだまだド素人の私・・
勉強します(^_^;)


Posted by ななし at 2011年10月16日 22:11
ななし様
 円暴落は1日で急になる可能性があります。
 国債のデフォルトのときには、金利が急上昇しますから、国債価格は大幅な下落です。
 乙が書いたのは、預金封鎖と新円切替のことです。
 両者は、切り分けて考える必要があると思います。
Posted by at 2011年10月17日 05:42
アドバイス有難うございます

私としては、預金封鎖の話題が出た段階で世界からはもう国債デフォルトとみなされるのではないか?だから円暴落は国会で話題が出た段階で一日で急におこる可能性があると思い込んでましたよ・・・



Posted by ななし at 2011年10月18日 21:46
ななし様
 預金封鎖の話題が出るというのは、円の暴落の後だろうと思います。円が暴落していないのに、預金封鎖なんて、理由も何もありませんから。
 というわけで、預金封鎖についてはあまり心配しなくてよいと思っています。
Posted by at 2011年10月19日 08:39
アドバイス有難うございます^^

Posted by ななし at 2011年10月19日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。