2006年10月06日

橘玲(2003.4)『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)幻冬舎

 乙が読んだ本です。もともとは2002年5月に刊行されたもので、この本が橘玲氏の作家としてのデビュー作だとのことです。
 この本は、小説(フィクション)であり、投資関連本というのとちょっと違います。
 あらすじとしては、次のようなものです。香港に住むコンサルタントのところに女が訪ねてきて、「5億円を日本から海外に送金し、損金として処理してほしい」といいます。つまり、脱税です。そして、女は消えますが、動いた(消えた)カネは実は5億でなく50億だったというわけです。
 本書は、金融情報小説とでもいうべきもので、乙にはとてもおもしろく、一気に読んでしまいました。普段、小説などは読まない乙としては異例のことです。タイトルに偽りなしです。
 冒頭に出てくる HSBC香港での口座開設の話などは、乙の経験とダブって見え、ホントにリアルに思えました。その後の本筋の話は、実話ではなく創作でしょうが、読んでみると、こんなことで多額のカネを処理するのかと驚くばかりでした。あたかもコンサルタントは橘氏のことのようです。もっとも、これを真に受けて、実際に行動に移してはいけません。(ま、たいていの人はそんなにカネがないでしょうが。)
 著者の橘玲氏は、「海外投資を楽しむ会」の創設メンバーの一人であり、金融関係の著書があり、その道に詳しい人だと知っていましたが、こんな小説を書くとは、ホントに驚きました。久しぶりに上質のエンターテインメントを堪能しました。



【関連する記事】
posted by 乙 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『臆病者のための株入門』@橘玲
Excerpt: 臆病者のための株入門実は私はかなりの臆病者だ。株で数千円マイナスになるのも嫌だし、損切りも基本的にはしない。しかし、そんな臆病者向けの投資方法があります。私は今年、日経平均が大幅調整した時期もほとんど..
Weblog: REIT,IPOでローリスク・ミドルリターンを狙う!株投資術☆
Tracked: 2006-10-07 22:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。