2006年10月31日

海外投資を楽しむ会(2005.3)『小富豪のための上海<人民元>不思議旅行』東洋経済新報社

 乙が読んだ本です。
 出だしからいきなり「中国の銀行はこんなに面白い」ということで五つの体験談が載っており、引き込まれてしまいました。
 本書は、人民元口座を作った体験談と、その使い方を書いたもので、登場する銀行は中国銀行とHSBC中国です。
 もっとも重要なことは、日本円を人民元に両替することは簡単にできるけれども、人民元を外貨に両替することは、普通の個人にとって不可能だということです。まあ、香港に持ち出して両替するという道もありますが、かなり手間がかかります。そもそもそういうことは中国が認めていないのが現状です。
 人民元は、切り上げの方向にあることが明らかですし、そうならないにしても金利が高くなるでしょうから、人民元投資は魅力的なものです。しかし、人民元のこういう性質を考慮すると、普通の日本人にはちょっと手が出せないと思います。
 となると、それを乗り越えて人民元口座を作り活用する人というのは、どういう人なんでしょうか。中国にしょっちゅう出かけている人でしょうか。でも、何のために、……。もしかして中国でビジネスを展開している人でしょうか。本書を読んだ人で、本書の内容を活かすことができる人は、いったいどういう人なのか、乙には想像ができませんでした。
 例によって解説は丁寧で、この本だけで口座開設などはできそうに思えます。現地での行動を考えると、ある程度は中国語の知識が必要なのではないかと思いますが、著者たちの中国語のレベルはどんなものだったのでしょうか。書いておいてほしかったですね。
 一読し終わった後、普通の個人にとっては、この本を読んでもしかたがないのではないかと思いました。
 少なくとも、乙には、この本は不要でした。



【関連する記事】
posted by 乙 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。