2006年11月07日

日本から香港に香港ドルを送金する方法

 乙は、ユナイテッドワールド証券の中国株を売って HSBC 香港で ETF を買うことを考えています。
 HSBC 香港では、香港ドルで中国株の取引を行いますから、ユナイテッドワールド証券で中国株を売却して得た香港ドルを HSBC 香港に送金することになります。どうしたらいいでしょうか。
 まず、ユナイテッドワールド証券では、香港ドルをそのまま出金することができず、必ず両替して日本円で出金する(しかも国内の金融機関あて)しかないとのことです。すると、問題は、日本の日本円を両替・送金して、HSBC 香港で香港ドルにするには、どうしたら安くできるかということになります。
 ここでは、仮に、300万円相当額を香港に香港ドルで送金するとしましょう。

 第1に、日本で香港ドルに両替して、HSBC 香港に送金する手があります。
 乙は、新生銀行を利用していますが、ここでマルチカレンシー口座の一部として香港ドルの普通預金ができます。新生銀行で香港ドルに両替しようとすると、為替手数料はレートのスプレッドの形で取られますが、片道50銭とのことです。1香港ドル=15円に対して手数料が50銭ですから、300万円の両替では、これだけで手数料として10万円がかかってしまいます。高すぎて問題外です。送金手数料は調べるまでもありません。

 第2に、日本から円を HSBC 香港に送金して、HSBC 香港で香港ドルに両替する方法があります。
 円を海外に送金するには、いろいろな方法がありますが、
http://china-real-estate.datsu-ryman.com/?eid=227752
では、Goロイズ送金サービスをすすめています。1回 2000 円だとのことです。円建て海外送金は、送金額の 0.1% の手数料が加算されます。このことは、Goロイズ送金サービスのホームページ
https://www.lloydstsb.co.jp/jp/index.php
を見ても確認できます。ただし、円の送金の場合、HSBC 香港側で受取手数料 0.25% がかかります。
 また、HSBC 香港では、(乙の計算によると)円→香港ドルの為替手数料は往復で 0.86%ですから、片道 0.43%になります。
 以上を合計すると、0.78%+2000円かかることになり、300万円の送金では 25,400 円かかることになります。

 第3に、日本から米ドルを HSBC 香港に送り、HSBC 香港で香港ドルに両替する方法があります。
 乙が通常利用している e-kawase 経由の送金だと、米ドルの為替手数料+送金手数料は、0.1%+4500円になります。これで HSBC 香港に米ドルが届きます。
 また、HSBC 香港では、(乙の計算によると)米ドル→香港ドルの為替手数料は往復で 0.3%(安い!)ですから、片道 0.15%になります。
 以上を合計すると、0.25%+4500円かかることになり、300万円の送金では 12,000 円かかることになります。

 というわけで、3種類の送金方法を比べてみると、米ドルで送金して、香港で香港ドルに両替するのが一番安いということになります。
 e-kawase で香港ドルを扱っていれば、それを使って送金するのが一番安そうですが、残念ながら、そうはなっていません。FX(外国為替証拠金取引)としては、香港ドルは米ドルにペッグしています(固定レートです)から、FXの取引通貨として香港ドルは面白味に欠けるのかもしれません。しかし、あれば何かと便利だと思います。

 補足ですが、日本円を海外に送金するとき、郵便局を利用するといいという人がいます。
 たとえば、kz@銅鑼湾さんです。
http://kowloon.livedoor.biz/archives/26605468.html
では、「外国送金にかかる手数料は、100万円の送金につき3,000円程度と、銀行に比べて遙かに割安です。」とあります。しかし、乙が調べた限りでは、この話は間違いだろうと思います。
 http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk20300.htm
によると、送金手数料は 2500 円です。次に、
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk20594.htm
によると、表示貨幣が米ドルだということで、つまりは米ドルで送金することになるようです。また、仲介手数料として 15米ドルがかかります。
 http://kowloon.livedoor.biz/archives/26605468.html
のコメントでも、円送金は実は米ドル建てだという話です。
 だとすると、円→米ドル→円と2回も為替手数料がかかるので、郵便局経由の円送金は、結局使える方法ではないということになります。
2007.1.13 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/31320494.html
に書きました。
posted by 乙 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26912694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

金融機関によって変わる手数料
Excerpt: 外貨投資には、税金や手数料等のコストがかかるのをご存知ですか?では、コストはどの...
Weblog: FXと金融の豆知識!クチコミ情報局
Tracked: 2006-11-23 11:10