2006年12月02日

iShares の ETF のコスト

 iShares BSE SENSEX India Tracker の場合、ETF にもかかわらず、そのコストが 0.99% と高くなっています。
http://otsu.seesaa.net/article/28572677.html
これに関して、もう少し調べてみました。
 http://www.japancorp.net/japan/Article.asp?Art_ID=35506&sec=163
によると、当該の ETF ではありませんが、「iシェアーズ(R) MSCIインディア」というインド株の ETF について記載があります。ちょっと気になるのは、コストです。この文書には、次のように書いてあります。いずれもiシェアーズのファンドです。
--------------------------------------
ファンド名               上場先証券取引所  通貨  管理報酬等
S&P 500 インデックス・ファンド      ニューヨーク  米ドル  0.09%
Russell 2000 インデックス・ファンド    NYSE Arca   米ドル  0.20%
MSCI インディア              シンガポール  米ドル  0.99%
MSCI チャイナ・トラッカー          香港     香港ドル  0.99%
FTSE新華A 50 チャイナ・トラッカー     香港     香港ドル  0.99%
--------------------------------------
 つまり、同じく ETF といっても、コストがずいぶん違っているのです。
 なぜなのでしょうか。
 シンガポールや香港で上場しているからでしょうか。
 米国で米国株の ETF を上場するとコストを安くできるのに、なぜアジアでアジア株の ETF を上場すると高くなるのでしょうか。報酬=コストが10倍も違うなんて!
 乙には、理解できませんでした。
 http://www.ose.or.jp/futures/report/0205.pdf
には、いろいろな ETF とインデックス・ファンドの信託報酬が掲載されていますが、ここでも、日米の指数に比べると「外国株価指数」のところは信託報酬が高くなっています。
ラベル:コスト iShares
posted by 乙 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ETF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。