2006年12月24日

レバレッジ

 最近、乙が気になっていることがあります。
 投資家にとって、投資用語としての「レバレッジ」について説明する必要はありませんが、これが元々どういう意味かということは、ちょっと気をつけたほうがいいように思います。
 検索エンジンで「レバレッジ」を調べると、いろいろ用例が探せます。その中には、意味を説明しているものもあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8
では、「1.梃(てこ)の意味。」とあります。
http://money.quick.co.jp/search/kabu/selection/01.html
によれば、「レバレッジとは「てこ」という意味です。」と書いてあります。
http://swap.sakura.ne.jp/013.htm
には、「レバレッジとは「てこ」を意味します。」と書いてあります。
 その他、例は挙げませんが、このように「レバレッジ=てこ」と理解している場合が目立ちます。
 しかし、「てこ」を英語でいえば、lever であり、lever とは、外来語として入ってきたレバー(操縦桿、操作棒)のことなんです。(焼鳥屋で食べる「肝臓=liver」ではありません。)
 leverage というのは、「てこ」そのものではなく、「てこの作用」のことです。
 辞典で「-age」を引くと、「《接尾辞》「集合」「地位・身分」「状態」「動作」「料金」などを表わす名詞を作る。」(ニューアンカー英和辞典)とあります。そして、用例としては、「bondage=奴隷の状態[身分]」などがあがっています。
 ということは、lineage(血統、家系)、linage(行数)、acreage(エーカー数、面積)、linkage(連鎖)、coverage(適用範囲)、storage(倉庫、貯蔵)、passage(通過)、percentage(百分率)、shortage(不足)、postage(郵便料金)なども、接尾辞 -age が付いていると考えられるでしょう。
 マイルとマイレージの関係も同様に考えていいと思います。
 レバレッジを単純に「てこ」と理解している例が多いことが気になることです。「てこを効かせること」くらいの意味がいいと思います。
posted by 乙 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。