2007年01月21日

HSBC 香港の米国債と E*TRADE の米国債

 HSBC 香港での米国債(US Treasury)の販売リストを見てみました。
http://www.banking.hsbc.com.hk/hk/personal/invest/bond/default.htm
そこから、償還日(Maturity Date)と利率(Coupon)を抜き出し、それをアメリカの E*TRADE 証券の米国債と比べてみました。すると、以下のようになります。

償還日  HSBC 香港 E*TRADE
2031/02/15 5.375% 5.375%
2013/05/15 3.625% 3.625%
2012/02/15 4.875% 4.875%
2010/04/15 4.000% 4.000%
2009/02/15 4.500% 4.500%
2008/05/15 2.625% 2.625% 3.750% 5.625%(3種類ある)
2008/02/15 3.375% 3.375% 3.000%(2種類ある)
2007/05/15 4.375% 4.375% 3.125%(2種類ある)
2007/04/30 3.625% 3.625%

というわけで、HSBC 香港と E*TRADE では同じものが並んでいます。両方で同じものが買えるというわけです。
 ところで、上の結果では利率がさまざまなものがあり、利率は必ずしも償還日ごとに並んでいません。
 HSBC 香港のサイトでは、これ以上の情報がなくて、なぜなんだろうということになってしまいます。(この点に関しては、下の方の乙のコメントを参照してください。)
 しかし、E*TRADE のほうは、上記の Coupon に加えて、Price が明示してあり、たとえば、2007/04/30 の場合だと、99.47828516 となっています。100 のものを、やや安く売っていることになります。というわけで、Yield(利回り)が 4.94% となります。Yield で比べれば、ほぼ償還日で高低が決まってきます。
 E*TRADE と比べると、HSBC 香港のほうは情報量が少なくて、不完全ということになります。乙の勝手な推測では、HSBC 香港で米国債を買う人が少なく、情報をアップデートしていくコストをかけられないのだろうと思います。債券価格も毎日微妙に変わるわけですから、きちんとフォローしてサイトを更新していくのは結構大変です。表面利率(Coupon)は、ずっと変わらないわけですから、それを記載する分には、はじめの1回だけで済みます。あとは、購入の申込をした人が銀行側と直接相談すれば、たいていは間に合ってしまいます。(でも、それって WWW を見ても情報が不足しているという状態であり、好ましいものではないと思います。)
 HSBC 香港での米国債投資は、
http://otsu.seesaa.net/article/12496477.html
でも述べましたが、最低が3万ドルと敷居が高く、しかも、口座管理料が半年ごとに 150 香港ドル(約2250円)かかります。E*TRADE では、口座開設後1年以内は口座管理料はかからず、その後も、1万ドル以上の口座残高があれば、口座管理料はかかりません。
 やっぱり、アメリカでの債券投資は E*TRADE 証券がおトクです。ただし、あくまで、E*TRADE 証券を日本の証券会社や HSBC 香港と比べた場合の話です。アメリカ国内では、もっと有利な証券会社があるのかもしれませんが、そういうのを調べるのってけっこうめんどうですよね。ま、乙は E*TRADE 証券で満足です。

2007.1.21 追記
 PALCOM さんからのコメントによって、この記載が間違いであることがわかりました。
 本文を訂正します。
posted by 乙 at 03:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 債券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

債券の一覧画面にはcoupon鹿記載されておりませんが、HSBC香港でも、個別の債券をクリックすれば、priceとindicative yieldを見ることができると思います。
Posted by PALCOM at 2007年01月21日 11:07
PALCOM 様
 コメント、ありがとうございました。
 乙がうっかりしました。
http://www.banking.hsbc.com.hk/hk/personal/invest/bond/default.htm
からは、coupon だけしか見えないのですが、HSBC 香港に log on して、Investments→Buy→Bonds/CDs をたどり、details をクリックすると、見ることができます。今日の本文は要訂正ということになります。

Posted by at 2007年01月21日 15:00
素人投資家さんからのご質問にお答えします。

>いつも楽しく読ませてもらっています。
>少し古い記事ですが少し気になったので質問させてください。
>2007年1月21日のブログなのですが
>>E*TRADE では、口座開設後1年以内は口
>>座管理料はかからず、その後も、1万ド
>>ル以上の口座残高があれば、口座管理料
>>はかかりません。
>とありますが、E*TRADEで債権を購入するときは口座管理料がかからないように、例えば証券会社に2万$振込み、1万$はそのまま残りの1万$で債権購入という流れなのでしょうか?
>ソレでしたら国内の口座管理料のかからない証券会社で2万$分購入したほうが利率は低くても結果的には収益が高い気がしましたが。
>もし債券を購入してもその購入した分の債権も残高に入るのであればごめんなさい。

 アメリカの E*TRADE 証券は、債券や株などすべての証券類の時価の合計が口座残高であると理解しています。
 したがって、2万ドルで債券を三つ買ってしまえば、現金残高が数百ドルだったとしても、口座管理料はかからないとということになります。
Posted by at 2007年01月31日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。