2013年02月14日

銀行の通帳を発見(続)

 昨日の話
2013.2.13 http://otsu.seesaa.net/article/322114670.html
の続きです。
 解約済みの通帳が発見されたのと合わせて、もう1冊の通帳が「発見」されました。
 インターナショナル口座というもので、海外の ATM から現地通貨を引き出せるというものでした。しばらく前に、半年ほど中国に行くことがあったので、こんな口座を作ったりしたのでした。
 実は、銀行から連絡があり、まもなく海外サービスが終了するという話でした。
 そこで、当時の通帳を探したというのが実態です。
 引き出しから通帳が出てきました。中を見ると、残高はン百万円ありました。よくまあこんな金額をここに入れておいたものです。
 さっそく銀行に行って、解約の手続きをすることにしました。
 銀行に行くとき、ハンコを忘れてしまい、自宅まで取りに戻らなければなりませんでした。
 その後、別の支店の口座を解約するために、本人確認が必要ということで、自宅まで免許証を取りに再度戻りました。
 窓口でも随分待たされました。全部で1時間以上、かかったように思います。
 まあ、自分のカネを守るということはこういうことだと納得して、手続きをしました。
 最終的には、口座の解約ができるということになりました。残額は、連結してある口座に入金してくれるという話です。
 ああ、よかった、時間をかける甲斐があったと思いました。
 「ちなみに、口座残高はいくらでしょうか。」
 乙は、期待をこめて窓口の係員に尋ねました。
 「6円です。」
 「えっ! たった6円ですか。」
 「はい、ずっと前に口座のほぼ全額が引き出されており、その後、利息分が口座について6円になっています。」
 ガーン。
 こんなに努力して6円をもらっても、うれしくありません。
 昔、全額引き出しをしたとき、口座解約にしなかったのは、この口座を次も使うことがあるかもしれないと考えた結果でした。しかし、かえって変なことになってしまいました。
 昔の自分が将来の自分に迷惑をかけたということです。
 口座の管理はきちんとしておかなければならないと自戒しました。
タグ:銀行 通帳
posted by 乙 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322272718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック