2007年02月13日

香港の BOOM 証券に口座開設するメリットは? その2

 BOOM 証券のメリットを述べている記事をさらにネットで探してみましょう。
http://otumami.info/asia/archives/2005/07/boom_1.html
では、次のようなことを述べています。原文ではかっこがありませんが、乙が付けておきます。

(1)日本株のほか、香港株、上海B株、シンセンB株、台湾株、米国株、オーストラリア株、シンガポール株、タイ株、インドネシア株、フィリピン株、韓国株、マレーシア株をインターネット経由でとりひきできます。
 アジア株個別株をネットで取引したい人にはかなり使い勝手のよい口座だといえるでしょう。
(2)保有する株を担保に2倍までの信用取引口座を開設可能です。
(3)現金口座、信用口座ともに、香港ドル、米ドル、日本円、シンガポールドル、オーストラリアドルなどの入金ができ、通常の預金口座の利息もついてしまいます。
(4)香港、米国株でストップロスオーダーをできるようになり、一ヶ月先までの有効期限の設定が可能になりました。

 それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。
(1)アジア株個別株向き
 これはその通りです。問題は、そういう取引がしたいかどうかです。乙は、株式投資をするなら ETF(あるいはインデックス・ファンド)でと考えています。過去のいきさつから、現実は必ずしもそうなっていないのですが。したがって、ETF の設定があるかどうかのほうがはるかに重要です。これに関しては、情報が不足しています。

(2)信用取引口座が開設可能
 乙は信用取引をするつもりがないので、このメリットは無意味です。

(3)マルチカレンシー
 他でもできるので、特にメリットではありません。

(4)香港、米国株でストップロスオーダー可能
 乙は、たぶん、こういう投資をしないので、無意味です。

 というわけで、乙は BOOM 証券にはあまりメリットを感じません。
posted by 乙 at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。