2007年03月07日

アメリカの証券会社(2)Zecco と Interactive Brokers

 ネットを探してみると、アメリカの証券会社の話がいろいろ見つかりました。
 乙は日本に住む日本人ですから、日本語で検索すると、日本人から見た証券会社の良し悪しなどがわかって便利です。
 Zecco などという証券会社もあります。
http://okwave.jp/qa2675335.html
に詳しい説明があります。
http://www.zecco.com/Default.aspx
を見てみると、確かに売買手数料は安いようです。
 しかし、
http://jp.techcrunch.com/tag/Zecco/
を見てみると、2006.9.23 の記事のほうですが、将来的には経営が厳しいと見られているようで、今ひとつ、この会社でいいかどうか、気になります。

 また、Interactive Brokers という会社もあります。
http://ziggy.mods.jp/toushi/brokers02.html#ib
で Interactive Brokers 証券での口座開設を説明しています。
 この証券会社に関しては、「インタラクティブ・ブローカーズ愛好会」などという組織もあるようで、
http://www.ok26.jp/ibj12.html
にいろいろな記事が載っています。
 IB で、よくわからなかったのは、手数料、および送金方法でした。
http://rmt7.blog29.fc2.com/blog-entry-54.html
では、手数料が格安なのに加えて、
(1)口座開設手続きが全てオンラインで済ませられる
(2)ベース通貨を選択できる
(3)送金が楽
という点をあげています。
 この会社のホームページは
http://www.interactivebrokers.com/en/main.php
です。また、売買手数料が
http://www.interactivebrokers.com/en/accounts/fees/commission.php?ib_entity=llc
に書いてありますが、日本では 0.08%(最低 450 円)ということです。ここに「円」が出てくるのがよくわかりませんでした。円でアメリカの証券会社経由で投資するなんてことが可能なのでしょうか。為替手数料はどうなっているのでしょうか。
 乙は、この2社にはどうも心が動きません。
posted by 乙 at 04:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも拝見させていただいており、有益な情報に感謝しております。

私もIBの口座開設は検討したことがあります(最終的にはFirstradeに口座開設しました)

> 日本では 0.08%(最低 450 円)ということです
IBでは日本株式(TSE)も扱っており、BUNDLEDの場合、手数料が0.08%ということです。日本だけでなく、該ページのコミッションは全てその市場にアクセスするときのものです。
BUNDLEDの場合なら、米国株はUSD 0.005/shareでミニマムがUSD 1.00ですね。

米国株に投資する場合は、円で送金、IB内で円からドルに換え(FXでの両替のよう)、それからドルベースの商品に投資するのが一般的なようです。為替手数料はFXのそれですので、日本の銀行で両替するよりはかなり有利なレートだそうです。

私はバイアンドホールド派で取引は年数回なので、毎月10ドルの維持手数料がかかることを重視し、口座開設を断念しました。頻繁に売買される方には良い会社だと思います。

引き続き、このブログで勉強させていただきます。
Posted by まさ at 2007年03月07日 14:02
まさ様
 私もバイ・アンド・ホールド型なので、毎月10ドルは痛いです、はい。
Posted by at 2007年03月07日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35399505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック