2007年03月30日

HSBC香港での株式の配当受領手数料

 乙はHSBC香港で中国株を保有しています。
 先日、その中の一つが配当を分配しました。乙が受け取ったのは 70 香港ドル(約 1,050 円)と大したことはありません。
 しかしながら、HSBC香港では、この配当を受領するのに手数料がかかるのですね。30 香港ドル(約 450 円)でした。30/70 というのは、比率からいってもかなり高い手数料です。分配金が 30 香港ドルだったら、全部銀行が召し上げてしまうことになります。
 まあ、乙の場合、いろいろな銘柄に分散していることが問題なのでしょうが、配当の受領にも手数料を取るというのは、HSBC香港らしいと思いました。

http://offshoremoney.blog13.fc2.com/blog-entry-57.html
では、次のように述べます。
現金配当受取にもノミニーサービス手数料として、
配当金額の0.5%最低HK$30がかかります。

ただし、もちろん配当に税金はかかりません。
日本では配当から10%税金を源泉徴収されますので、
それに比べれば安いものです。

 30 香港ドルが高くないと思えるほどの金額を投資しておかなければならないのでしょう。配当が 300 香港ドル以上出るようであれば、安いと思えるのでしょう。
 やっぱり、個別銘柄を売ってしまって、中国株の ETF に乗り換えるべきでしょうか。ETF でも分配金を出すことがありますから、問題は同じですが、ETF なら、かなりの集中投資になりますから、分配金が出るときはそれなりの金額になり、30 香港ドルの手数料があまり高くないと感じるかもしれません。
posted by 乙 at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙さんこんばんは!
私も香港のH証券内ETFの配当が1月に少額入りました
0.5%HDLG.CHG(MIN$20)で20HKDと
CCASS CHARGE0.16HKDが引かれてました
10%より高額でした^^;
ただ、保護預り手数料はかかっていないようです

Posted by ちゃみー at 2007年04月01日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。