2007年04月19日

Firstrade でバンガードのミューチュアル・ファンドを買うと

 Firstrade でバンガードなどのミューチュアル・ファンドを購入する際に注意するべき点として、ノーロード(販売手数料なし)のものを買う場合でも、9.95 ドルの取引手数料がかかるということがあります。
http://tarot-mpt.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/firstrade_fb6b.html
http://401k.sblo.jp/article/3352783.html
などにもそのような記述があります。
 これを言い換えれば、無料のものを有料で売るということです。
 まあ、これはわからないでもありません。バンガードのファンドは、毎年の手数料が ETF なみに激安(0.2% とか)で、しかもノーロードですから、証券会社としては、いくら販売しても儲けが出ないのでしょう。
 9.95 ドルといえば、3000 ドル分購入するとして 0.33% に相当します。5000 ドル分とすれば 0.2% です。この手数料は、購入時のたった1回の出費でしかありませんので、乙としては、このくらいなら許せるかなという気分です。
 こういう手数料を取るということは、ある意味で、アメリカの証券会社やファンド運用会社の現状を象徴しています。アメリカの証券会社やファンド運用会社が、厳しい競争をしているということです。会社がつぶれては元も子もないですが、そうでなければ、徹底してコストを削減しているということなのでしょう。
 それと比べて(と、安易に比較してはいけないのでしょうが)日本では、バンガードのようなものが現れません。日本は、金融に関していえば、開発途上国なんでしょうね。
 考えてみると、日本の市場はアメリカと比べて非常に小さく、日本でバンガードのようなものを作っても、顧客が少なくて、やっていけないのかもしれません。アメリカ市場は全世界の資金が集まってくるところですからねえ。となると、日本ではやっぱり見込みはないのでしょうか。
 でも、乙は、将来に期待します。
 出でよ! 日本のバンガード!
posted by 乙 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39314757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック