2014年06月29日

HSBC 香港の新しいセキュリティデバイス

 ずっと前に、HSBC 香港から手紙が来て、新しいセキュリティデバイスが届くという連絡がありました。
 その後、なかなか送られてこないと思っていましたが、4月下旬に郵便で送られてきました。
 しかし、忙しさにかまけて、チェックもしないで放っておいたのでした。
 本日、郵便を開封してみたら、郵便の受領後、20日以内に Activation の処理をしないと、ネットバンキングができなくなると書いてありました。
 すでに2ヶ月経っています。しまった!
 おそるおそる、HSBC にアクセスして、Activation の処理をしてみました。そうしたら、無事に実行できました。
 やれやれ、ホッとしました。
 ちょっと郵便を放っておくと、あっという間に2ヶ月くらい経ってしまうのですね。気をつけなければならないと思いました。
posted by 乙 at 16:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、
私も到着後1ヶ月以上経ってからトライしました。何度か設定をやってみるもうまくいかず既存のデバイスもも使えなくなり途方にくれかけましたが、最終的には何とかアクティベイトできました。長押し後、HSBCの文字が出てきたときは嬉しかったです。
Posted by わんたろう at 2014年07月03日 06:58
わんたろう様
 新しいセキュリティデバイスを使い始めると古いものは使えなくなるようですね。
 最初の使用とその後の使用で何が違っていたのでしょうか。
Posted by at 2014年07月03日 07:11
はじめまして。
私も期限が切れていましたが、この記事を見てトライしました。
おかげさまで、無事に更新できました。
日本からのHSBCが撤退してから、不自由になりました。
英語だし、香港口座からの送金は手数料がかかるし。
現状ではメリットがあると思えず、口座をクローはズしようかとも考えています。
まだ、決めかねてはいますが。
Posted by ラニア at 2014年07月08日 12:57
ラニア様
 乙は HSBC が日本に支店を作るよりも前に香港で口座を開設しましたので、何も不自由を感じません。
 送金手数料もそんなに高いとは思いません。
 日本の銀行で海外に送金することを考えると、イヤになるほど高い手数料を取られます。
 ただし、ときおり中国語と英語の文書が来て、読まされるのがつらいです。まあ、あまり関係しないことが多いので、斜め読みで十分だと思いますが。
Posted by at 2014年07月08日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック