2007年05月09日

バフェット氏の言葉

 ロイターからウォーレン・バフェット氏の話が届いています。
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=topNews&storyID=2007-05-07T125020Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-258491-1.xml
「大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏」という題で、あの伝説の投資家がインデックス・ファンドを勧めていることに驚きます。
 個人投資家がバフェット氏のやり方を真似ることは困難だというのはわかります。大多数のプロも似たようなものでしょう。しかし、これを強調すると、バフェット氏は自分自身の存在理由(レゾン・デートル)をなくしてしまいます。
 「自分は依然として主要市場の株価指数をアウトパフォームできると考えている」というあたりはいかにもバフェット氏らしい言い方です。でも、この言い方は、言い換えると「自分はできるけれども、他人はできない」ということになり、かなりおこがましい表現なのではないでしょうか。バフェット氏が継続的に株価指数をアウトパフォームできるならば、他の人でもできる可能性があると考えるほうがいいと思います。
 インデックス投資の考え方からすると、バフェット氏は単に運がよかっただけだということになりそうですが、……。
 さて、真実はどちらでしょう。
 なお、ブログでは、すでに
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-477.html
http://haisyatosyosyanogame.10.dtiblog.com/blog-entry-177.html
でこの話題が紹介されています。
posted by 乙 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンドの運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。