2015年10月12日

三菱東京UFJ銀行で海外送金しようとしたら(4)

 乙は、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口で海外送金をしようとしたわけですが、なかなかできませんでした。
2015.10.11 http://otsu.seesaa.net/article/427612570.html
 再度、別の時間帯に支店に出向きました。
 今度はスムーズにテレビ電話がつながり、テレビ電話の先にいる係員とやりとりしながら手続きを進めることができました。
 送金先の銀行支店の所在地と SWIFT コードの食い違いなどがまた問題になりましたが、係員が同じ都市にある別の銀行の支店の例などを調べてくれ、所在地と SWIFT コードが食い違ったままで送金を受け付けてくれました。テレビ電話は、海外送金の専門部署につながってるのでしょうか。支店の窓口で手続きをするよりはマシなようです。
 その後、特に連絡もないことから、送金は無事行われたことと思います。
 あとは、受取人からの連絡を待つだけです。

 いやはや、海外送金がこんなに大変だとは思いませんでした。
 香港からの送金ならば、こんな苦労をせずに、ネット送金できるのに、……。
 日本の銀行システムの問題点を感じてしまいました。こんなに手間がかかるのですから、送金手数料が高くなるのも当然です。テレビ窓口の利用で安くなるとはいえ、手数料は 3,500 円かかりました。
 もうしたくないですね。

 その後、気がついたら、楽天銀行から海外送金すると、送金手数料が 750 円で済むことがわかりました。
http://www.rakuten-bank.co.jp/geo/
 こちらを使うべきでした。
 乙にはいい勉強になりました。
posted by 乙 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427674156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック