2007年08月07日

法務局で抵当権抹消手続きをしました

 乙は、ワンルームマンション投資をしています。
2006.3.16 http://otsu.seesaa.net/article/14879201.html
 これに関して購入時にローンを組んでいたのですが、最近、全部返済が終わりましたので、ローンの会社から抵当権抹消手続きに必要な書類が送られてきました。そこで、乙は東京法務局に出向いて、自分で必要な手続きをしてきました。
 実は、以前、自宅を購入した際にローンを組み、そのローンの返済が完了してから抵当権抹消をしたことがありました(2回経験しています)ので、抵当権抹消のやり方は一応わかっていました。とはいえ、しばらく前にやったので、細かい手続きなどは忘れていました。書類がパソコン内に保存してあったので、それを見て「ああ、そういうことがあった」と思い出したような次第です。
 最近は、書類の書き方も違っているかもしれないと思って、書類一式を持参して窓口で相談してみると、係員が必要な書類を選り分けて、ホッチキスで留め、そこに何を書くかを鉛筆でメモしてくれました。
 その通りにボールペンでなぞって書類のできあがりです。いやはや、実に簡単です。
 前回は縦書きの書類で、「壱弐参拾」などの漢数字を使って書類を書いたので、なかなか苦労しましたが、今や書類は横書きですし、数字もアラビア数字(123など)でよくなったとのことです。
 手続きは実にあっけなく終わってしまいました。
 ローン会社からの手紙では、司法書士に代行を依頼することができると書いてありましたが、料金は2〜3万円とありました。これはもったいないです。是非、自分で手続きしましょう。
 もっとも、平日の昼間に法務局まで最低2回は(申請時と受取時に)出向く必要がありますから、有休が取れないサラリーマンは大変でしょう。(奥さんにやってもらうと、本人でないということで委任状などが必要になります。)乙の勤務先は、そういうところがノンビリしていますから、仕事をさぼって自分で行っても問題はありませんでした。
 ネットをちょっと調べると、この手続きに関して、いろいろな記事があります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2993026.html
http://teitouken002.blog82.fc2.com/blog-entry-101.html
http://www.your-self.biz/teitouken/index.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~LD3T-NSKW/mmortg.html
などで、自分でできると書いてあります。
http://musiccompass.fc2web.com/teitouken_masshou.htm
には、自分でやった人の感想もあります。
 みんな、自分でやっているのですね。こういうことが大事だと思います。自分で手続きを行うことで、社会の仕組み、ローンの仕組みがわかり、自分の契約がどういうことだったのかが大変よく理解できます。
 法務局に行く際は、消しゴムとハンコを持参しましょう。ボールペンは記入用の机においてありますが、消しゴムはありません。鉛筆書きのメモは消さなくてもいいのでしょうが、せっかくなので、きちんと消して、きれいな書類を出したいものです。
posted by 乙 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。