2007年09月17日

株の売買における利食いと損切り(2)

 株価がランダムに上下するという仮説のもと、どのようにすれば株取引で儲けることができるかを示しました。
2007.9.16 http://otsu.seesaa.net/article/55103375.html
 しかし、そこでは、騰落率がゼロの場合を計算しただけでした。
 次に、騰落率がある場合のシミュレーションをしてみましょう。同じく1万回計算します。
 基準値から始めて、株価が 10% 上がったら、利食い(勝ち)ということで売ります。株価が 10% 下がったら、損切り(負け)ということで売ります。すると、次のような結果になります。

騰落率=-10.0% 標準偏差=10%
 勝率=10.6% 敗率=69.5% 未決着率=19.8%
騰落率=-10.0% 標準偏差=20%
 勝率=38.8% 敗率=61.1% 未決着率= 0.1%
騰落率= -5.0% 標準偏差=10%
 勝率=21.0% 敗率=51.2% 未決着率=27.8%
騰落率= -5.0% 標準偏差=20%
 勝率=44.4% 敗率=55.4% 未決着率= 0.2%
騰落率= 0.0% 標準偏差=10%
 勝率=35.2% 敗率=35.9% 未決着率=29.0%
騰落率= 0.0% 標準偏差=20%
 勝率=50.1% 敗率=49.7% 未決着率= 0.2%
騰落率= 5.0% 標準偏差=10%
 勝率=52.9% 敗率=20.7% 未決着率=26.4%
騰落率= 5.0% 標準偏差=20%
 勝率=55.3% 敗率=44.5% 未決着率= 0.1%
騰落率= 10.0% 標準偏差=10%
 勝率=68.9% 敗率=11.0% 未決着率=20.1%
騰落率= 10.0% 標準偏差=20%
 勝率=60.3% 敗率=39.6% 未決着率= 0.1%

 騰落率が -10% のときの結果と +10% のときの結果は、当然ながら勝敗が入れ替わっています。
 このように、騰落率がプラスであれば、かなり勝てますし、マイナスであればかなり負けます。個別株の売買の場合でも、相場全体の動きが大事だということがこれでわかります。
 株の売買による得失には、相場全体の動きが大きな影響を与えるのですね。
 これを考えると、
2007.9.16 http://otsu.seesaa.net/article/55103375.html
で示したような、0.5% くらいの儲けは吹っ飛んでしまいそうです。


ラベル: 利食い 損切り
posted by 乙 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。