2007年11月29日

HSBC 香港から Interactive Brokers へ香港ドルの送金(4)

2007.11.17 http://otsu.seesaa.net/article/67004738.html
で書いたことの続きです。
 香港の CITIBANK の3桁の支店コードと8桁の口座番号をつなげて11桁で指定したところ、今度は送金がうまくできました。これで一安心です。この口座番号はずっと登録したままにしておこうと思います。次の香港ドルの送金がいつになるか、わかりませんが……。
 乙が心配したのは、e-Transfer を使うときは、受領者あてのメッセージが何も記入できないということです。Interactive Brokers の口座あてに入金するときは、送金時に自分の口座番号(U123456のような形式)を知らせるようになっています。普通の送金では、送金者の名前の他に、ちょっとだけ数字や文字が書けるようになっています。たとえば、新生銀行では、半角の数字や文字を指定して、振込人の名義の前に付けるか、後に付けるかが指定できます。ATM での振込では、送金者の名前を入力しますが、ここで少しだけ名前以外のものも入れられます。HSBC 香港の e-Transfer では、こんなことができないのです。
 IB では、振込送金をする場合、IB のサイトにアクセスして、どの銀行からいくら送金するかを通知することになっています。この情報があるから、たぶん、正しく受け取れるだろうと思いました。それに、送金者の氏名は受領者に通知されるのですから、まあ、大丈夫と思ったわけです。
 実際の送金は、何日かかかってしまいましたが、何の問い合わせもなく、手続きできました。
 Internet Brokers のサイトで乙の香港ドルの残高が予定通り増えていたので、正しく送金できたことになります。ふうっという感じでした。
 送金手数料 5 HKD(約70円)というのも安いものです。香港の内部での送金だからこんなものなのでしょうか。
posted by 乙 at 05:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙さん、
大変ご無沙汰しております。
最近ちょくちょく拝見させて頂いております。

HSBC(HK)からIB(HK)の送金はセットアップの大変さと多少の時間は係るようですが、この手数料は魅力的ですね。

実質海外送金手数料が格安になるのですね。
早速トライしてみます。
Posted by noten at 2007年11月30日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69937762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック