2007年12月06日

銀行が自分の金を監視している

 カン・チュンドさんが、ブログにお書きです。
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-416.html
 「あなたのお金は覗かれています」というわけです。
 この記事を読んで、乙はずっと昔のことを思い出しました。今のように投資などはしていなかったころです。あるところから住宅ローンを借りて、その資金が乙の口座に振り込まれた直後でした。銀行から電話があって、お金が振り込まれたが、それはどういう趣旨のものか、と聞かれたのです。乙は、正直に「住宅ローンの貸付金です」と答えたのですが、今から思うと、そんなことすら言う必要はなかったですね。でも、普通の人にとって、銀行から質問されれば、特にやましいことでもない限り、答えてしまうと思いますよ。
 乙のそのときの経験では、「その貸付金を、指定された口座に振り込むよりも、○ヶ月間、○○で運用してはいかがでしょうか」ということだったと記憶します。何せ、古い話ですから、細かいことまでは覚えていません。乙は驚きました。右から左へと資金が移動するだけなのに、その短期間を利用して儲けようという発想が興味深かったです。そんなことをすれば、資金の送金先にとって(入金が遅れて)困ることは明らかなのに、平然といわれたのでした。そこが乙の驚いたところです。
 銀行は、以前もそんな体質だったのですから、投資信託などの扱いが銀行に解禁された現在となっては、カン・チュンドさんがおっしゃっていることは、まさにその通りだと思います。銀行はすべてのお金の出入りを知っているのですから、それを武器に商売したら、一番強いに決まっています。
 個人投資家としては、自分で資産を管理すればいいだけの話です。

 気をつけよう、暗い夜道と銀行員。


ラベル:銀行
posted by 乙 at 07:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、カン・チュンドです。
弊所ブログの記事をご紹介いただき、ありがとうございます。自己防衛のためには預金を複数行に分ける、あるいは安全資産を円建てMRF、円建てMMFなどにも分散させるといったことが必要なのかもしれませんね。
Posted by カン・チュンド at 2007年12月06日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。