2008年01月31日

Seesaa では、左端の過去ログが20ヵ月しか表示されません

 乙は、ずっと気が付いていませんでしたが、Seesaa のブログでは、左端の過去ログが20ヵ月しか表示されません。
 今でいうと、2006年06月が最古です。しかし、実は、2006年01月から乙のブログがスタートしています。
 2006年06月以前の記事を読むときには、(そんな人はほとんどいないと思いますが)2006年06月をクリックして、そこから最上段の

<< 2006年05月 | TOP | 2006年07月 >>

のところの「<< 2006年05月」をクリックする必要があります。以下、同様のクリックを続ければ古い記事も順次読めます。
 乙は、自分の書いたブログ記事がすべて相互に関連するものと考えており、全体を記録として保存し、いつでも見られるようにしておきたいと考えているのですが、この点は Seesaa の考え方とずれています。
 ちなみに livedoor のブログでは、もっと長い期間のものが表示されます。
 さて、20ヵ月しか表示しない Seesaa を使う以上、ブログの書き手として、1年に1回くらい、今までの通しの目次を掲載するとかいうことを考えたほうがいいのかもしれません。目次が掲載されていれば、それを手がかりに(文字列検索をして)記事を探すという手が使えます。
 いや、しかし、そんなことをするくらいなら、検索エンジンで

指定文字列 site:otsu.seesaa.net

として検索するほうが早くて便利かもしれません。これなら、目次(表題)だけでなく、本文すべてが(コメントも含めて)検索できます。
 ブログの存在価値は、検索エンジンがあることを前提にしているのかもしれません。やはりブログはインターネットの申し子なのでしょうか。
 ここまで書いて、再度、考えました。やはり、目次を書いておくことも意味があるように思います。検索エンジンではカバーしきれない部分があります。
 ブログのカテゴリーとして「目次」というのを用意して、そこにブログ全体の目次を入れておくというのはいかがでしょうか。
 自分の書いたものに対して、自分で責任を取るならば、すべての過去記事に対してアクセスできるようにしておかなければなりません。Seesaa は、その点では、やや不満です。(もっとも、これだけを理由にして Seesaa を止めるつもりはありませんが。)


posted by 乙 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去ログの表示件数についてですが、
seesaaでは全体のデザインをCSSで指
定しています。

ですので、標準では20というだけで
任意の数にすることが可能だと思います。

直打ちでなくても、過去ログの設定
画面から、プルダウンメニューで1〜100までを選択できないでしょうか?

また、seesaaでは月別のページを作成
するようにしていれば過去の月別
ページもサイト上から消えたわけではありませんので、挿入テキスト機能でURLを追加することも可能と思います。
Posted by 名無しさん@お金いっぱい at 2008年02月01日 16:09
名無しさん@お金いっぱい 様
 ご指摘、ありがとうございました。
 さっそくやってみたところ、プルダウンメニューで 100 まで設定できました。
 8年間もあれば、当面は十分です。
 いやはや、乙自身が Seesaa を使いこなしていないことがばれてしまいました。
 失礼しました。
Posted by at 2008年02月01日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。