2008年02月04日

がん保険を解約しました。

 ずいぶん前から、乙はがん保険を解約しようと思っていました。
2006.6.12 http://otsu.seesaa.net/article/19153645.html
しかし、1年ほど前には、妻が年間保険料7万円を出すというので、1年間だけ解約を延期しました。
 で、またがん保険の更新の時期になったのですが、今度は、妻に「今年こそ解約する」と宣言し、解約に踏み切りました。どう考えても今の自分にがん保険はもったいないと思ったからです。夫婦のどちらが保険料を出そうとも、生計上夫婦はつながっているのですから、もったいないものはもったいないのです。
 先日、保険会社から数十万円が振り込まれて、解約が成立しました。
 乙は、このがん保険のことをずっと掛け捨ての保険だと思っていたのですが、そうではなかったのですね。うれしい誤算でした。保険に関しては、乙はこの程度の認識しかなかったということです。


ラベル:がん保険
posted by 乙 at 05:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外資系保険会社のがん保険が無駄なのは乙川さんの記事を読んで納得できました。
私は県民共済以外の生命保険をすべて解約してしまいましたが、セコム損保のがん治療保険にだけは加入しています。この保険はがんで死んでも一円も出ませんが、健康保険適用外の治療に対する治療費が出ます。現在の掛け金は夫婦で7310円です。
Posted by えんどう at 2008年02月04日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。