2008年02月10日

エンディングノート(4)

 乙のエンディングノートは、実はかなり長いものです。
 それを毎年プリントして封をして……とするのは、かなり手間がかかります。しかも、どんどん記述内容が変わっていくので、更新しなければなりません。
 そこで、ある時期から具体的に紙に書くことを止めました。そして、パソコンの中のファイル(これがエンディングノートの本体です)に書くだけにしました。これで、家族に渡すエンディングノートは簡単になりました。「死亡時はパソコンの中のどこそこのファイルを読みなさい」というだけでいいのです。これなら家族に渡すエンディングノートの更新も不要です。パソコンの中のファイル(本体)を適宜更新しておけば、最新版にしておくことができます。
 しかし、その後、この方式も致命的な欠陥があると思うようになりました。乙は普段からパソコンを持ち歩くことが多く、しばしばクルマに積んで出かけます。ということは、万が一クルマの事故で乙が死亡するときは、パソコンも破壊されている可能性が高いことになります。「死亡時はパソコンの中のどこそこのファイルを読みなさい」と言われても、それが読めないのではお手上げなのです。
 そこで、さらに形式を変え、エンディングノート本体をインターネットのとあるサイトにアップロードしておくことにしました。その文書にはパスワードを付けておき、普通には読めないようになっています。検索エンジンの検索対象にもならないし、誰もアクセスできないと思います(たぶん)。仮に読まれてしまっても、いちばん大切なパスワードが書いてありませんから、大丈夫だと思います。
 その上で、家族に手渡す分のエンディングノートは、「http://〜〜〜を見なさい」という形式にしました。もちろん、アクセスに必要なパスワードは手書きでその紙に書いてあります。こうすると、家族に手渡す分のエンディングノートは1枚の紙で済みます。
 エンディングノートが2年に1度の更新でも大丈夫というのは、実はこういう仕組みがあるからなのです。
 乙自身は、1年に1回以上はエンディングノートを見直しています。勤務先が変わった場合などは、当然、見直し必至です。エンディングノートに間違った記述があると、迷惑をこうむるのは残された家族ですから、これは慎重にしています。


posted by 乙 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | エンディングノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして 乙様

これから資産運用をはじめる予定のものです。
いつも貴重な情報源として、そして楽しく拝読させていただいております。

私もIBに口座の開設をおわりまして、これから海外でも資産運用を始めます。

私も生命保険の証書につけてエンディングノートに財産の所在は書置きはしますが、海外口座の場合、家族が無事ひきだせるかが気がかりです。

私のイメージでは死ぬ前に苦しみながら口座にログインしてWithdrawを行うのですが(笑
急死した場合の手続きを考えておかないといけませんね。

対策は海外口座に詳しい弁護士か税理士を見つけておくいて連絡先を記載しておくことでしょうか。コメントを書きながら、そんな弁護士を探そうと思い立ちました。

またこれからちょくちょくコメントさせていただきます。
Posted by @Robin at 2008年02月10日 14:48
@Robin様
 「死ぬ前に苦しみながら口座にログインしてWithdrawを行うのですが(笑」には、思わずにんまりしました。
 しかし、実際上、こういうことにはなりません。
 今、病院に入院すると、パソコンからインターネットにアクセスできますか? できる病院もあると思いますが、できないところがたくさんありそうに思います。つまり、口座にアクセスできないままになってしまいます。
 というわけで、「急死した場合の手続き」が大事になります。これなら入院して死にそうな場合でも、対応できます。
 弁護士・税理士は、順法精神が強いので、本人に成り代わって口座からの引き出しなどはしないでしょう。その代わり、正規の手続きで、つまり、口座名義人の死亡届を先方に出して、預かり資産を相続人の名義の口座に入金してもらうことができると思います。
 乙は、これでもいいと思いつつも、家族を信用していますから、家族が代わってパソコンを操作することを(今のところは)考えています。だって、こちらのほうがはるかに楽ですから。

Posted by at 2008年02月10日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。