2008年03月12日

山本勇作(2007.11)『不動産ファンド当事者の告発 不動産が危ない!』株式会社扶桑社

 乙が読んだ本です。
 タイトル通りの内容です。
 著者の山本氏は不動産業界を知り尽くしている人のようです。現在はハワイ在住だそうですが、もしかして日本国内に在住していると、ちょっとやばいところがあるのでしょうか。(失礼な言い方ですが、これは乙の勝手な推測です。)こういう告発本を書く以上、著者の名前はペンネームなのでしょう。
 p.11「本書に書かれていることは、すべて「不動産ファンド当事者」から提供された極秘情報をもとにしている。」とあります。こういう言い方は、相当に気になります。第1に、情報が「極秘」ならば、そのことは本に書けないものです。書いてしまったら、提供者に迷惑がかかるのは当然でしょう。そもそも提供者が山本氏に語ったところで「極秘」ではなくなっています。第2に、出典不明の情報は、第三者が確認できないから信頼できないものだといえます。公表されていない情報だから、出典はないとすれば、やはり真偽不詳という扱いをされなければなりません。第3に、極秘情報をもとにして、なぜこういう本を書くのか、著者に何のトクがあるのかという問題です。印税がそんなに大きいとは思えません。本を書くよりも、極秘情報を活かす別のやり方があるように思います。乙は、極秘情報の提供者のかなりの部分が山本氏自身ではないかと思います。つまり、自分の経験した話を書いているように読めます。それくらいにリアルです。
 p.108 REIT が私募ファンドの出口になっているという点を指摘しています。p.138- にも同様の記述があります。不動産ファンドで儲けるのは私募型であって、REIT ではないということです。それはそうかもしれません。しかし、REIT には明確な出口戦略がないわけでしょうから、この話は衝撃的です。
 p.137 不動産ファンドの実態は不動産転がしだとしています。本来の家賃収入に基づく運用ではないというのです。これは、投機的な動きであり、こういうビジネスが長期的に安定して行われるとは思えません。
 p.168 マンションなどの建設反対運動を描いていますが、反対運動にはカネだというのは興味深い事実でした。裏の世界の汚いところですね。まあ、結果的にうまく再開発できればいいのでしょうが。

 本書は、不動産ファンドを中心にして、業界の汚いところを詳細にレポートしています。
 こういう本を読むと、J-REIT などに投資する気は起こらなくなります。
 まあ、もともと乙は J-REIT には、否定的でしたが、
2006.3.27 http://otsu.seesaa.net/article/15545891.html
 最近、J-REIT 指数(東証 REIT 指数)を調べてみると、
http://www.ares.or.jp/jreit/k_jreit_001a.html
http://quote.tse.or.jp/tse/quote.cgi?F=histidx/HistIndex&basequote=155&mode=D
いやはやすごいことになっています。一時 2500 ポイントにもなっていたものが、最近は、1400 ポイントを下回るようになっているのですからねえ。
 J-REIT には、いよいよ未来がなくなってきたように感じます。
 でも、もしかしたら、外国の REIT も同様な問題を抱えているのでしょうか。単に日本の投資家まで情報が届いていないということでしょうか。




【関連する記事】
posted by 乙 at 05:23| Comment(2) | TrackBack(2) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も最近この本を読みました。

J-REITというと株ほどハイリスクではなく不動産の裏付けもある。利回りは債券以上。

債券と株の中間のような投資対象。

そして、おおむね好印象の記事が多い。

そんな気がします。

しかし、実際は株式以上に荒っぽい値動きをしていますね。

著者の山本氏のプロフィールなどはとても気になりますね(;´∀`)
Posted by のら at 2008年03月12日 19:17
そうですか?ダイヤモンドや東洋経済、一般の週刊誌とかでもJ-REITの物件取得の経緯については疑問を呈する記事はいくつも出ていたと思いますが。特に、リートが投資ファンドの出口(というかゴミ捨て場)になっているという指摘はかなり前からあって、リートに投資する人には必須知識だと思いますよ。
Posted by みら at 2008年03月16日 04:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

不動産ファンドの舞台裏
Excerpt: 2008年に入ってから東証REIT指数は軟調です。 2007年後半から海外のREIT関連指数も下落が著しい。 アメリカのサブプライム問題も不動産との関係は密接です。 不動産市場や不動産ファンドの..
Weblog: のらFPのブログ
Tracked: 2008-03-12 19:17

不動産が危ない!
Excerpt: 今日から5月ですね。 ウルトラ物件獲得術セミナーまで、 1ヶ月になりました。着々...
Weblog: 投資家けーちゃん 勝利への道程
Tracked: 2008-05-01 11:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。