2008年04月19日

クリック証券で米国 ETF の取り扱い

 エルさんのブログで知りました。
http://haisyatosyosyanogame.10.dtiblog.com/blog-entry-638.html
 クリック証券が米国株などの委託売買手数料を無料化するという話です。ということは、アメリカの ETF が手数料無料で買えるということになります。
 では、クリック証券はどこで儲けるつもりなのでしょうか。公表されている各種手数料一覧
https://www.click-sec.com/corp/guide/commission_list/
によれば、口座開設費用は無料、保護預かり口座管理料も無料です。外国証券取引口座開設・管理費用も無料です。
 一般に、この証券会社では手数料が安いようです。
 これで、委託売買手数料が無料なら、あとは、為替手数料くらいしか儲けるネタが思い当たりません。
 余談ですが、FX取引手数料も無料です。ということは、ここでも為替レートのスプレッドしか儲けるネタがないわけです。
 それにしても「無料」を打ち出すとは驚きです。クリック証券で米国株の取り扱いが始まったら、為替手数料のしくみをチェックしてみたいと思います。
 国内で安い手数料が実現するなら、手間をかけて海外で投資する必要性は薄れてしまいます。


posted by 乙 at 06:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外のいくつかの株式委託売買手数料が
無料の証券会社や銀行のシステムと
同じの場合は、フラットレートじゃない
だけと思います。

フラットレートで手数料ありだと

MOを一枚$20で買いたい場合は,
$20+手数料で、板には$20*1の買い注文
が並びます。

ノンフラットレートで無料だと、
$20で買いたいと思って発注を出すと
$20プラスチャージ(ここでは$1とする)
分の、$21の買い注文が板に並びます。
最低注文枚数が大目になって、一枚あたりの
見た目の上乗せ額は少しならされると思います。そうじゃないと本来の買いたい価格での
注文が約定できず、なんじゃこりゃという
ことになりますから。

Flatrate!! no hidden fee!!
って書いてあるところは、それをやってな
いよと強調しているわけです。書いていない
ところは、まあ、どうなんでしょうね。
Posted by 名無しさん@お金いっぱい at 2008年04月19日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

クリック証券 米国株、ETF売買手数料無料化を検討
Excerpt: 日刊工業新聞に「クリック証、年度内にも米株取り扱い−上場商品円建て取引」という記事がありました。 引用開始 クリック証券(東京都渋...
Weblog: 海外投資生活
Tracked: 2008-04-19 22:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。