2008年05月26日

アクティブ運用の投資信託は上昇相場に強く、下落相場に弱い

 VMax さんのブログにあった記事です。
http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_4176.html
アクティブ運用の投資信託は上昇相場に強く、下落相場に弱いのだそうです。「月光!マネー学」という本の記述だそうです。これは注目です。そのうちぜひこの本を読んでみたいものです。
 乙は、なぜ、新興国のアクティブ・ファンドは成績がよいかを考えたときに、VMax さんの指摘を読み、この説明に感心しました。
2007.9.15 http://otsu.seesaa.net/article/55103110.html
 自分で投資していても、個人的な経験だけではなかなか現実がわからないものなんですね。
 近い将来、乙の投資方針を大きく変更するかもしれません。再度、自分の保有する新興国のアクティブファンドの成績を調べて、納得できなかったら、売却するというようなことです。ETF を売却することはありえないので、結果的にインデックス投資の割合をさらに高めることになりそうに思います。
2008.7.30 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/103846153.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。


posted by 乙 at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。